FC2ブログ

2015年度の狂犬病予防注射を受け付けています


狂犬病は犬から人へ感染する病気で、
一度発症すると、有効な治療法はなく、致死率はほぼ100%の恐ろしい病気です。

日本国内では予防注射と野犬捕獲を徹底したため
1957年以降発生していませんが、
世界的にみると依然発生は続いており、
国際化が進む中、油断は禁物です。
2013年7月には、それまで狂犬病清浄地域であった台湾で
約50年ぶりに狂犬病が発生しています。

予防にはワクチン接種が有効で
「狂犬病予防法」で生後91日以上の犬には
年に1度、狂犬病予防注射を受けさせることが
義務づけられています。

大阪市では、毎年4月に
保健福祉センター、小学校、公園等の集合注射会場で
・犬の登録
・狂犬病予防注射
・注射済票の交付
を行っています。

当院は大阪市狂犬病予防注射業務委託動物病院ですので
1年を通していつでも予防注射の接種と登録業務を受け付けています。
また、集合注射会場では実施していない検温、検便等の
健康チェックをしてから安心して受けていただけます。

注射料金は2700円、注射済票交付手数料は550円です。
集合注射会場での料金と同額です。
診察料もいただいておりません。

ご予約は要りませんので
診察時間内にお越しください。



スポンサーサイト



ビオラ


フラワーパウチに植えていたビオラは根が張って
元気がなくなってしまったので、
花壇に植え替えました。

一雨ごとに元気を取り戻し、
いつの間にか
株はこんなに大きくなり、モリモリ咲いています。

紫のビオラも・・・

   IMG_0019.jpg


オレンジのビオラも・・・

   IMG_0021.jpg


白のビオラも・・・

   IMG_0022.jpg


黄色のビオラも・・・

   IMG_0023.jpg



春ですね・・・。

冬に逆戻り


今日は朝から強い雨が降り続きました。

天気予報によると、
明日は“爆弾低気圧”の影響で
全国的に大荒の天気になり、
大阪でも雪が降るかもしれないとのことです。

 “爆弾低気圧”・・・なんて恐ろしい名前でしょう。

暖かい日が続くと思ったら
急に寒い日になったり・・・
こんな時期は体調の悪い動物たちも
一段と体調を崩しやすくなります。

元気がない、食欲がない・・・
ほんの小さな変化でも
気になるときはご相談ください。

“爆弾低気圧”が去った後は
きっと本格的な春の訪れ・・・。

どうぞお気をつけてお過ごしください。




ミモザ


今日は啓蟄。

出勤途中にある花屋さんの店先に
   ミモザがあるのを見つけました。
 

 銀色の葉に、しだれた枝いっぱいに丸くて小さな黄色い花が咲き、
 花盛りの時期には樹全体が明るい黄色に染まり、
 周囲の雰囲気も明るくしてくれ、まさに春の訪れを感じさせてくれるミモザ。

昔からミモザが大好きで、
動物病院移転の際も
シンボルツリーを
オリーブにするかミモザにするか迷ったこともありました。

  image1.jpg


小さな葉の銀色と、丸い花の鮮やかな黄色のコントラストがかわいいです。
柔らかな日差しがとても似合います。



  

カタログの最新号が届きました!


お待たせしました!
本日、PEPPY春夏カタログが届きました。

DSC_0736_convert_20150303222859.jpg


「次号はいつ出るの?」
と楽しみに待っていてくださった方もたくさんいらっしゃいました。

通販カタログとしてだけでなく、
しつけや健康管理などの役立つ情報も載っていますので
読み物としてもお楽しみいただけると思います。


エントランスを入ってすぐ左に置いています。
ご自由にお持ち帰りください。

DSC_0737_convert_20150303223624.jpg




リヤドロ  ~具合はいかが~

 
 「YOU'LL FELL BETTER!」

   DSC_0734_convert_20150302231623.jpg

 かわいい動物のお医者さんが、落ち着きのない患者(飼い猫)に
 初めての診察をしています。
 診察を逃れようともがく猫もコミカルに描かれた微笑ましい作品です。
                                (作品の説明より)





繊細な細工と柔らかな色彩・・・リヤドロの作品の中でも
動物とのふれあいを描いた作品が大好きです。

1つの作品の中に物語を感じることができ、
動物と暮らしたことがある方なら、
「そう、そう・・・」
と思わずクスッとしてしまうような
ほほえましい生活の一場面を切り取ったような作品は
心が安らぎ、いつまでも見ていたくなります。

この「具合はいかが?」を初めて見たとき、
子どもの頃の私自身と重なりました。
動物が大好きで、
“大きくなったら獣医さんになりたい!”
と、獣医師の真似事をしていたように思います。
きっと、この作品の猫のように、
動物たちは迷惑だったことでしょう・・・。


どの角度から見ても表情があり、優しさがあふれています。
 皆様にもお楽しみいただきたくて受付に置いています。





臨床獣医師と動物看護士の大勉強会 2


「臨床獣医師と動物看護士の大勉強会」の2日目。

「腫瘍内科学」のセミナーを受講してきました。

セミナー講師は
大学時代の同級生。
彼は、大学卒業後、アメリカへ留学し、
米国獣医内科学専門医に認定された日本人第1号です。
今は、日本小動物がんセンターのセンター長として活躍しています。
 
 
 学生の頃から勉強熱心で努力家、
     いつも明るく、さわやかでした。

卒業して、もう何年も会っていなかったので
覚えてくれているか不安でしたが、
セミナー終了後、声をかけると
学生の頃のままのさわやかな笑顔で
「おお~! やっぱり!!」。
  セミナー中から、私のことが目に入っていたそうです。

 「奥様は元気?」
  (彼の奥様も同級生です)
 「今もウインドサーフィンしているの?」
 ・・・・・話したいことはいっぱいあったけれど、
 2時間後には次のセミナーを講義しないといけない忙しい彼なので
 写真を一緒に撮り、
 用意していたお菓子をプレゼントし、
 少しお話しできただけでしたが、
 いつまでも変わらない彼に会えてすごくうれしかったです。

腫瘍の診断や抗がん剤について
新しい知識も学べたので、明日からの診療に生かしていけそうです。


スタッフセミナーは
「動物医療グリーフケア」等、4つのプログラムがありました。
こちらも、動物看護士のスタッフが受講してきました。



明日からもまた頑張っていける元気も
 もらえたセミナーになりました。





プロフィール

川島動物病院

Author:川島動物病院
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR