FC2ブログ

気持ちいい~♪


いつもトリミングに来てくださる15歳の男の子。
お預かり前の診察で
いつもより後肢に力が入らず、歩きにくそうにしているとのことでした。
前回、温灸をした後は歩行の調子が良かったそうなので、
トリミングの後にビワの葉温灸をすることにしました。

トリミングの後の鍼灸治療は
動物が疲れてしまうので、基本的には行わないようにしていますが
今日は、お預かり時間を長くいただいて、
体調を見ながら温灸をすることにしました。



トリミングが終わり、ひと休みした後・・・
さあ、始めましょう!

 IMG_0354.jpg
      「何が始まるのかな?」


 IMG_0350.jpg
   「気持ちいいな~。眠たくなっちゃう・・・」

 
 IMG_0351.jpg
      スヤスヤ・・・


ビワの葉温灸は、
痛みを和らげ、
体を温めて自然治癒力、生命力を高めるだけでなく
リラックス効果も得られます。
温灸中は、ほとんどの子が寝てしまいます。
とても気持ちよさそうな顔を見ていると
私たちも癒されます。




スポンサーサイト



リボン


「こちらでつけてもらったリボン、
 お散歩仲間の皆さんから
 かわいいねと褒めてもらいました!」
        ・・・と嬉しいお声をいただきました。

当院でトリミングの際におつけしているリボンは
スタッフの手作りです。

 IMG_0342.jpg



約17年前の開院当初、
どんなリボンにしようか検討しました。
市販品は、カラフルでかわいいのですが
重そうなものばかりでした。
私たち「人」にとってはそんなに変わらない重さでも
小さな頭や耳につけるのは
少しでも軽い方がストレスもないはず・・・。

そんな思いから、
素材を選び、私たちで作ることにしたのです。

優しい色合いと軽い素材にこだわり、
1つ1つ、スタッフが心をこめて作っています。
市販品のような派手さはありませんが
ナチュラルで優しい雰囲気の
川島動物病院らしいものに仕上げています。
材料となるリボンやビーズなどは
たくさんの種類を用意しているので同じものはありません。

そして、そのリボンの中から
トリマーがその子に一番似合うものを選んでおつけしています。


実際に重さを量っても、
0、何グラムも変わらないかもしれません。
でも、その 0、何グラムの差も
トリミングに来てくださった子たちへの思いです。

 


復活!


冬に全ての葉を落としてしまったウンベラータ。
しばらくの間、寂しい姿でしたが、
とうとう復活しました!

 「ホンマに大丈夫?もう枯れてしまったんとちゃう?」
 「いいや。 絶対復活するはず。」

  ・・・幹だけのウンベラータを見ながら、
    何度同じ会話をしたことでしょう。

ウンベラータの復活を願いながらも
私たちは本当に復活するのか半信半疑でした。

日差しが強くなるにつれて
新芽が出だし、
あっという間に、たくさんの葉をつけた立派なウンベラータの姿に戻りました。

 IMG_0338.jpg


大きなハート型の葉も生き生きしています。

 IMG_0337.jpg


植物の力はすごいです!
季節の巡りを植物から改めて感じます。




診察中です


「大阪どうぶつ夜間急病センター」が開院して
もうすぐ1か月を迎えます。

院長も今までに数回、診察を担当しました。
常に2名以上の獣医師、3名の動物看護士が勤務しています。

救急病院なので、
「いのち」に真正面から向き合う緊張感の中、
状況に応じて、診察、検査や手術を行っています。


今夜もまた、院長はこちらで診察しています。

  IMG_0320.jpg




花が咲いています


オリーブに花が咲いています。
  ミルク色の小さなかわいい花です。
  この可憐な花があの立派な実になるなんて驚きです。

IMG_0332.jpg

本によると、
オリーブは自分の花粉では受精が困難な「自家不和合性」という特徴があるそうで
果実をつけるためには、違う品種を2本以上植える必要があるそうです。

オリーブ農園の方に尋ねると、
「そばに別のオリーブが植わっていなくても、
近所にあれば、風に乗ってきた花粉で実をつけますよ。」
とのこと。

「実がなりますように・・・」
と願いながら、毎日見ています。


がんばったね。


初めての出産を迎えたフレンチブルドッグの女の子。

 お腹に4匹の赤ちゃんがいることを確認しているのですが
 出産予定日を数日過ぎても
 全くその兆候も見られませんでした。

できれば自然分娩を望んでいましたが
このままでは、母犬も胎児も危険・・・
  帝王切開での出産に切り替えました。



無事に生まれた4匹の赤ちゃん。
かわいくて、自然と頬が緩みます。
  IMG_0301.jpg

がんばったね。
良いお母さんになりそうです。
 IMG_0309.jpg


  

ひこばえ


オリーブの幹の下の方から小さな枝(ひこばえ)が出てきています。
強い生命力を表すかのように
あちらからも、こちらからも・・・。

オリーブ農園の方から
「ひこばえは見つけたら、すぐに抜き取ってくださいね。
ひこばえが成長すると、養分が分散してしまうので
活かすべき枝に養分を集中させるためですよ。」
と教えてもらっていたので、
少し心を痛めながらも抜き取っていました。

今朝、出勤すると
空いたプランターにひこばえがきれいに挿してあるではありませんか!

 IMG_0302.jpg

いったい誰が?

「オリーブのひこばえをプランターに挿した?」
     出勤していたスタッフに聞いても違うようで・・・。

まさか・・・と思いながらも、
院長に聞いてみると
「うん。」

え~っ!
    意外・・・。

花や植物にほとんど興味がない院長が!


  せっかく生えたひこばえを
  抜き取ってしまった後、処分するのがかわいそうに思ったそうなんです。


オリーブは挿し木でも育つそうです。
 
 そんなにうまくはいかないでしょうが、
 もしも、もしも・・・
   このひこばえがすべて育ったら、
   いったいどうすればよいのでしょう・・・。
    オリーブの苗をいっぱい育てて
    いつの日かオリーブ畑でもつくりましょうか
    
 



紫陽花


紫陽花は大好き。
優しい色合いも、かわいい花の形も。

この時期になると、
毎年、たくさんの紫陽花が花屋さんの店頭に並びます。
たくさんの品種があって、わくわくします。

でも、冬の寂しい姿に、
なかなかうちに迎えるまでの気持ちにはなれずにいました。

昨年の今頃、
花屋さんに並んだ
たくさんの紫陽花の中で、思わず
「わぁ!」
と声を上げてしまうほど魅了されてしまった紫陽花がありました。
それは、それは、素敵で・・・。
今まで見たことがない紫陽花で、
八重咲きなのに重みを感じさせず、爽やかで優しい雰囲気。
その時は、
「いいなぁ~。」
と思いつつも、店を後にしたのですが、
その日から数日間、その紫陽花のことが忘れられず・・・。

数日後に店に行ってみると、もう完売。
お店の方に尋ねると、大人気の品種なのに、
毎年生産量が少なく、すぐに売り切れてしまうとか・・・。
他の店を回っても、すでに売り切れ。

次回の入荷の連絡をお願いして・・・
   ── 今日、やっと手に入れることができました!

1年越しに会えた紫陽花。
「万華鏡」という品種名だそうです。

  IMG_0241.jpg





5月です!


爽やかな青空が広がっています。
今日から5月です。

 IMG_0202.jpg
 ビオラは満開です!

 
 IMG_0216.jpg
 ラベンダーもたくさん咲きました!
 いい香りです。

 
 IMG_0227.jpg
 風に揺れるスカビオサ、黄色いポンポン状の花がかわいいクリソセファム

 
 IMG_0214.jpg
 フランネルフラワー
 白いフェルトのようなふわふわの質感の花で
 優しい姿ですが太陽が大好きです。

 
 IMG_0222.jpg
 新品種のペチュニア。
 深みのある黄色でとても大人っぽく、気品のある色合いがステキ!
 「モンローウォ-ク コットンイエロー」 名前にもうっとり・・・。


  IMG_0232.jpg
 そして、オリーブ。
 枝葉が茂ってきました。
 青空が似合います。

 
 !cid_92FDEDF0-5DC9-486E-9A04-E852C8CCFD31.jpg
 オリーブの幹のあちらこちらにひこばえが・・・。
 オリーブの生命力って本当に素晴らしい・・・。
 パワーをもらえます!




プロフィール

川島動物病院

Author:川島動物病院
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR