FC2ブログ

あれから2週間


熊本県、大分県で発生した大きな地震。
あれから2週間。

被災地の皆様には心よりお見舞い申し上げます。


もし同じような大きな地震が大阪で発生したら…

     …ずっと考えています。

    「私たちは何ができるだろう── 」

熊本市のある動物病院には
飼っている動物を連れた被災された方々が
最大200人以上身を寄せていたそうです。
その動物病院の院長は
東日本大震災の被災地を訪れた経験から
動物病院を広く改築し、
地震に備えて1週間分の水とフードも備蓄していたそうです。

  理想的だなぁ、と羨ましく思っても
  小さな当院にはそんなスペースはどう頑張っても作れません。
  では、どうすればよいか、何ができるか…
    正解が見つからない問いかけをずっと繰り返しています。


27日の西日本新聞に
 ── 「ペット同行避難断られた」相談600件
           場所、人手なお不足 被災地の熊本 ──
という記事が載っていました。

避難所には、動物好きの人ばかりでなく、
動物が苦手な人、
動物のアレルギーを持っている人もたくさんいらっしゃり、
鳴き声や衛生面も心配で
動物連れの方にとって
避難所に居づらい状況になっていることは
容易に想像できます。

東日本大震災でも
飼っている動物を避難所に一緒に連れていくことができず
仕方なく動物を置き去りにするケースが相次ぎました。

自治体では動物の同行避難を呼びかけているものの
実際にはかなり難しく、動物ともども受けいれてくれる避難所は少ないのが現状です。
「一緒に暮らす家族だから
 何かあっても一緒にいたい」
という動物を飼っている人にとって当然の思いを
災害時でも受け入れる社会を作っていく働きかけをしていくのも
私たちの役割だと思います。


 もしものとき、
  どう動き、
  何をすればよいのか、
  何ができるだろうか…

常に問いかけ、
私たちなりにできることを探し
その時に備えるしかないのかもしれません。


そして今、
被災地の皆様へ
私たちのできることを小さな何かでもしていこうと思います。

 


スポンサーサイト



咲きました!


球根を植えて数か月…
  フリージアの花が咲きました!

 IMG_1362.jpg

可憐な花からはとっても良い香り…。
八重咲きだから、一層かわいい



昨夜の強い雨に打たれてしまったので
切り花にしました。

 IMG_1360.jpg


春ですね。



猫💛


一般社団法人ペットフード協会の
犬と猫の全国の推計飼育数調査によると、
猫の飼育頭数は近年増え続け、
その数は犬を追い抜かしそうな勢いとのこと。
猫グッズや猫に関する出版物も多く、
空前の猫ブームとも言われています。

当院は以前から
猫の来院数が多い動物病院です。
  「猫の扱いが上手」とのありがたい評判を聞いて
  来院してくださる方もいらしてうれしい限りです。

待合室は残念ながら、
猫専用の待合室はありませんが、
各コーナーごとに違うデザインのイスを配置し、
雰囲気を変えて、空間に変化を持たせることで
様々な動物が集まる待合室でのストレスを少しでも減らせるようにしています。

待合室のアロマは
必ず猫に危険性がないものを選んでいます。


私たちは子どものころからずっと猫と過ごしてきていますが
猫はかわいくて不思議な生き物で、
診療においても
猫の数値だけでは表せない生命の神秘性に接しています。

怖がりの猫や神経質な猫たちにも
ストレスの少ない診療を心がけていますので
安心してお連れください。

  もちろん、犬も大好きです!

 IMG_1298.jpg




花流しの雨


満開を迎えた桜で
 景色は薄桃色に染まり、
  春の陽気に心を休めたのもつかの間──

  今日は花流しの雨…。

この雨に打たれ、桜の見ごろは終わってしまうのかもしれません。


昨年秋に植えたフリージアにとっては
催花雨のようです。
こんなにつぼみが膨らんできました。
 
 IMG_1284.jpg

 

ビオラも満開!
 
 IMG_1280.jpg


バスケットのビオラもあふれんばかり…。

 IMG_1283.jpg


小さかった苗が
季節が変わるにつれて、
大きくなって、たくさんの花が咲いて…
  自然の不思議と
  植物の生命力に感激もひとしおです。




プロフィール

川島動物病院

Author:川島動物病院
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR