FC2ブログ

熱中症にご注意ください


7月に入ってから、
湿度が高く、日中最高気温が30℃を超す暑い日が続いています。
ニュースで
「熱中症で〇人が病院に搬送されました」
と見ることもあります。
この時期は人だけでなく、動物も熱中症にお気をつけください。

蒸し暑い室内や車内での留守番、暑い時間帯の散歩やお出かけは危険です。
特にこれからの季節はアスファルトの上は50℃近くに達します。
地面近くを歩く犬は、照り返しによる放射熱の影響も受けるので、
私たちの想像以上に暑さの影響を受けることになります。
散歩は日が昇るまでに、そして日が暮れてからをお勧めします。
アスファルトの上でなく、土や草の上を歩かせるのもお勧めです。
しっかり水分を取らせることも大切です。

北方が原産の毛量の多い犬種(シベリアンハスキー、チャウチャウなど)
短頭種(シーズー、フレンチブル、パグなど)、
体調のすぐれない子、
太っている子、
は特に注意が必要です。

症状としては
大きく口を開けて「ハァハァ」と息苦しそうに呼吸をしたり、
よだれが大量に出たりします。
嘔吐や下痢、ふらふらと倒れてしまうこともあります。
虚脱や失神、意識が混濁すると命にかかわる恐れもあります。

もしも、熱中症のような症状がみられる場合は
まず「冷やすこと」。
そして早めに診察をお受けください。



スポンサーサイト



アニマルドック結果報告書


アニマルドックをお受けくださった患者様には
結果報告書を作成してお渡ししています。

IMG_2761.jpg

こちらは先日、お受けくださったチワワの女の子の結果です。


10枚ほどにわたり、
すべての検査結果をまとめています。
飼い主さまからは
「私が受けた人間ドックの結果よりわかりやすい!」
と言っていただいたり、
表紙にはお写真も載せているので
とても喜んでいただいています。


大阪動物愛護フェスティバル 2017


今年も大阪動物愛護フェスティバルでは
長寿動物の表彰式を開催いたします。

対象は…
  ★14歳以上の大型犬
  ★16歳以上の中・小型犬
  ★18歳以上の猫
            と、なっています。

待合室でも
「何歳ですか?」
という会話が飼い主さま同士でよく交わされています。

人と一緒に暮らす動物が長生きできるのは
その子の天から与えられた寿命というものもありますが、
何より飼い主さまの愛情だと思います。
ご長寿動物の表彰は
その子の飼い主さまへの表彰でもあるのです。

「うちの子は対象になっている!」
という方はぜひお申し出ください。
 
 申し込み締め切りは7月20日。
 書類の準備等もありますので、お早めにお願いします。

IMG_0470.jpg


鍼灸治療


椎間板ヘルニアを治療中のミニチュアダックスの女の子。
前回から、鍼灸治療を取り入れました。
初めての鍼治療、漢方の処方を変えて、2週間後の今日──
「走れるようになりました!」
と嬉しい報告
 
今まではじっとしていることが多かったのが、
 ネコちゃんを追いかけて走ったそうで、
 飼い主さまも驚いていらっしゃいました。

それでも、まだ下半身の力は弱く、
足の踏ん張りも十分ではありません。
これから、じっくり鍼灸で治していきましょう!

 IMG_2755.jpg

鍼に低周波パルスを流し、
その後は、時間をかけて温灸治療を行いました。

鍼灸治療は1時間近くかかりますが、
治療中も、おとなしくおりこうさんに頑張ってくれました。
鍼灸治療は魔法ではないので、
パッと治るわけではありませんが、
飼い主さまにも治療の手ごたえを感じていただけるのは
とてもうれしいことです。



プロフィール

川島動物病院

Author:川島動物病院
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR